2012年06月09日

アンリミテッド2012

夏コミ受かりました!3日目(8/12)"リ"-11b「Gewalt」で参加予定ですー、今回はミリタリーな本も出す予定ですので、もし機会がありましたら何卒!

えらい唐突ですが、アンリミテッド2012 C-MORE CUPに参加することになりました。ちょっとお誘い頂いたので顔を出そうかと思う次第。サバイバルゲームやヒストリカルゲームには何回も行ってますが、この手のマッチシューティングは初めても初めて、ド素人以下なのでどうなるか分かりませんが…。

で、問題なのが参加する鉄砲が一つも無いという事です。サバゲで使っているマルイのベレッタはボロボロ。他のハンドガンもフジミのモーゼルM712とかマルシンのライブカートシリーズとかそういうのばかりなので、せっかくですし購入することにしました。

KSCのCZ75です。

聞くとやっぱりマルイのハイキャパなどが人気らしいのですが、皆と同じ物を買っても面白くなさそうだし…ということで、KSCのCz75にしました。システム7導入後のCz75は動作性・集弾性がかなり向上していると聞いた為です。グリップの握りやすさ、トリガーの良さも一応実銃の方で折り紙付です。

ただシステム7導入後のCz75は後期型(フレーム側のレールが長くなっている形)しかモデルアップされていません。


という訳でちょっと知人にお願いして、初期型風に削り込んでもらいました。ただ、厳密には初期型Cz75と後期型Cz75は、フレーム各部のRも違います。もっとも特徴的なスライド前部の削り込みを行った形…といった所でしょうか。

手加工にも関わらずとても素敵な感じで有り難い限り。がんばろう。

ちなみに私は同世代くらいの鉄砲好きの御多分に漏れずCz75大好きでした。ジェフ・クーパーの言葉に踊らされたクチといいますか…。Cz75のガスブローバックガンでとても完成度が高かったのは台東商事/MGCのCz75でしたが、私がエアガン買える年齢に達した時には殆ど市場で見かけることはありませんでした。(快調に動作させるには、若干調整も必要でした)今見てもマガジンとか素晴らしい出来なのですが…。

結局中古品をこつこつ買い集め、共食い整備させてました。これがまたタイトーとMGCで微妙に部品が違ったりするんですよね…懐かしいです。上野のMGCの店頭に最後に残ってたCz75のマガジンは全部私が買い占めました。
KSCのは連射してもスライドがどっかに吹っ飛んだりしないし、実にすばらしいですなあ…。




同じカテゴリー(トイガン)の記事画像
再販!イカハイダー
イカ娘ハイダー
イカミリグッズ
縞ぱんのアレ
FPG
CheyTac改修
同じカテゴリー(トイガン)の記事
 再販!イカハイダー (2011-01-21 00:24)
 イカ娘ハイダー (2010-12-30 09:55)
 イカミリグッズ (2010-12-11 22:20)
 縞ぱんのアレ (2010-08-24 21:33)
 FPG (2010-05-09 00:01)
 CheyTac改修 (2010-04-28 00:02)

Posted by EXCEL  at 07:56 │Comments(3)トイガン

この記事へのコメント
はじめまして!みっくんと申します。

システム7のショートレイル化、すばらしいですね!!
私も、チャレンジしてみようかな~

アンリミ、楽しんでくださいね。
いければ、私も「見学」にいこうかと思っております。

また、立ち寄らせていただきます。
失礼いたしました。

みっくん拝
Posted by みっくん at 2012年06月09日 09:20
こんばんは、たぶん初めまして

Cz神話、初期型がイイという人には某そのけん先生の影響が大きいかと。
ワタシも影響されたクチでした 正しくは周囲の人間を経由して。
ウンチクもワタシのような情報に乏しい当時のオタには説得力十分でしたし。

しかし…手削りとは言え見事ですね
自分でやってみる勇気と技術はありませんでしたが、カタチになった物を見ると
「もしかしたらできちゃうかも…?」と錯覚しそうです(´д`;)
Posted by ライラっくす at 2012年06月16日 20:57
MGC上野・・・懐かしいですね!
いかにもガンショップ然とした佇まいでいいお店でした。

自分もガンスミにやられてどうしてもCzのモデルガンが欲しくなり昔マルシンのモデルガンのCz75をヤスリで前期型にしたものです。
(噛み合わせが甘いのでよくスライドが外れましたがw)

ラリーがロイにウンチクを語るあのシーンの台詞は81年頃にコンバットマガジンで永田一郎氏がCz75を取り上げた時の文章の受け売りなんですよね。
(リアルタイム世代ではないので古本屋で手に入れましたが)
共産圏の銃ということでまだ情報が少ない頃に恐ろしく魅力的な写真でリポートされており、ソノケン先生含む多くのCzファンが生まれたのも頷けます。
Posted by 通りすがり at 2012年07月18日 02:03
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。