2010年08月18日

暗視天体観測


ミリブロの皆さんにはあまり関係ないのですが,萌え豚的には夏の風物詩的なイベントも無事終了しました。お越し頂いた皆さん,ありがとうございました!オフセット本についてはメロンブックス様に委託して頂いていますー。今回はミリタリネタな本があんまなくて申し訳ありませんでした(´Д`; 

コピー本にほんのちょっと描いたくらいかな…。


まあでも,コミケは別に成人向け同人誌の祭典ではないので,ミリタリーネタも非常に面白い本が沢山あるのですよ。今回も風虎通信の本(※宇宙開発技術関連の非常に濃い書籍を出版されているサークル。執筆者には実際に宇宙機のエンジニアをされている方がいる)などを買ってほくほくしながら読んでいた次第。

さて,それはさておき,私はコミケ3日目(8/15)参加だったのですが,実はコミケ1日目(8/13)はペルセウス座流星群のピークだったので,天体観測に行きました。


勿論ミリブロに載せるくらいなのでNV装備です('A`)

イメージインテンシファイアは軍用以外だと当然ながら研究用の観測装置用途にシェアがあって,天体観測にも使われているそうです。(といっても,私の交友範囲に天体観測趣味の方がいないので,実際に光電子増倍管を使った天体撮影をされてる方は見たことないですが…)

今回は撮影用のMNVDと,自分が見る用のGEN2双眼を準備。場所は陣馬山の和田峠。

大きな地図で見る

このあたりは東京都内から近い天体観測スポットとしては有名らしくて(何より和田峠まで自動車で乗り入れられるのは大きいですね),他にも沢山流星群を見にきている車がいました。そんな中でPVS-5をつけて一心不乱に空を眺める男は完全に不審者だったことでしょう。真っ暗で良かった。


例によってカメラ固定はvixenのユニバーサルデジタルカメラアダプターを使っています。実はこれも天体観測用なんですよね。望遠鏡のアイピースに挟み込みでマウントできるので,自由度が高いのです。

これが撮影した画像です。

ただ,実際に肉眼のような写真が撮れないのが残念。実際はもっと綺麗な感じに見えるのですが…暗い場所で星空を見ることが出来れば,肉眼で見えない等級の星が見えるのでほんとに漫画みたいな星空が見えます。おおきな写真だとこんなかんじです。
流星もかなりよく見えました。一応動画撮影にもチャレンジ。

(クリックで動画リンクです)
動画だと更に暗くなってしまうので,もうとっても残念な感じです。ただまあ,流星を動画のフレームレートで撮影するってだけでも結構大変なんじゃわい…!

サーマルは多分何も撮れないっぽいのでもってってないです。アナログの暗視装置は入射した光を増幅して蛍光面を光らせてくれますが,サーマルビジョンは30Hzのフレームレートの壁がある上に,成層圏でプラズマ化した小天体の赤外線は検知できないでしょう。何より以前の状態で解体したままでした。

ただ,やっぱり星とかを見たい場合はPVS-5CみたいなGEN2は,増幅率もさる事ながらちょっと分解能の関係で不向きといった感じでした。

あ,ちなみにNVでちょっと失敗したネタ。NVの脱落防止ストラップというのを買ってみました。

そしたらPVS-18用でPVS-14には微妙につかねえという…(^p^)まあJマウントの辺りに固定すればいけなくはないけどさ!あとそもそもがフツーに使い捨てのタイラップでとめる構造という辺りもショッキングでした。本職の人なんかはアメリカン輪ゴムで留めてますしねえ…。




同じカテゴリー(ナイトビジョン)の記事画像
アイカツ!
レプPVS14(その1)
NV機種変
FLIRジムニ
サーマルビジョン(2台目)
サーマルサイト(続き)
同じカテゴリー(ナイトビジョン)の記事
 アイカツ! (2013-07-31 14:33)
 レプPVS14(その1) (2013-01-13 14:31)
 NV機種変 (2012-09-30 09:55)
 FLIRジムニ (2011-05-12 20:51)
 サーマルビジョン(2台目) (2011-02-07 00:07)
 サーマルサイト(続き) (2010-07-09 23:17)

Posted by EXCEL  at 21:42 │Comments(0)ナイトビジョン

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。