スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2009年10月03日

RS SVD

 ちょっと遅い告知で情けないのですが、メロンブックス・ラリーチャレンジのサプライズステッカーのイラストを(懲りずに)描かせて頂きました。前回はシティのメロン号の絵でしたね。

 ちなみにえらい人気で、なぜかラリー会場にコミケ列みたいのが出来たそうです。恐ろしいことです・・・恐ろしいことです…。

 今回はエボⅦになったそうで。参考用に古本屋にいってLANCER EVO magazineを買ってきましたが、よくランエボはガンダムに似てるといわれますが、最近のエボ○○を見ても「詳しく無い人から見るガンダム」並に見分けがつかなくて悔しいです/(^o^)\ 確かにエボのⅠとⅧとかはガンイージーとV2アサルトバスターくらい違うので分かるんですが…。

 さて、注文していたRSのドラグノフが届きました。届きましたよっ。


 うーむ外観良く出来てますね。あんましこの辺り詳しくないし、RS製品は初めてなのでどこからどこまでが実銃部品転用なのかは分かりませんが、マガジンキャッチの固さとかはトイガン離れしていて素敵ですな(笑)ブレンガンとかより遥かに固い感じですね。

 マガジン。油紙に包まれていてとても密輸チックです。


 私はまだPSO-1を持っていないので、手元にある1PN34を取り付けてみました。

 半端なく重たいですが、かっこいいです。

 アフガン侵攻の頃の写真なんかだと普通にスコープの胴体持ってぶら下げちゃってたりするみたいなんですが

 実際取り付けて見ると確かに非常に持ちやすく、こら誰でもここ持つわいという感じでした。スコープ胴径が太いから負担が分散して楽ですし(笑) 西側だとマークスマンライフルでもちょっと考えにくい掴み方ではありますが、サイドレールがレシーバー一体型の削りだしですし、スコープ側のマウントもかなり頑丈に出来ているので特に問題はなかったんでしょうね。多分。

 しかしPSOスコープが欲しいんですけどなかなかないですねー、出来れば赤外線検出機能フィルタが付いたやつが欲しい所ですが。しかし「オメガ7」を思春期に読んだ私は、てっきりあのスコープは何らかの熱源探知装置が取り付けられているのかと勘違いして(※そういう描写があるのです。ただ、当時はほとんど情報がなかったので当然)いました(笑)

 とりあえず次はアフガン侵攻辺りの装備かなあ。ロシア軍装備ほんと全然分からないので勉強しないと('A`) しかしドラグノフはかっこいいですね。すらっとした感じとか、この手のセミオート狙撃銃の中ではほんと大好きです。

 あ、そういえば全然関係ないですがとらのあな様でも本委託開始しました。
もし機会がありましたら何卒ー(´ワ`  


Posted by EXCEL  at 00:02Comments(0)トイガン