スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2009年06月27日

銃の目@サーマル


 「月サバ!」というゲームに参加しに、千葉のSEALSに行ってきました。えー、まあ平日休みになるような仕事の方々系ゲームといいましょうか。今回は作家さん系の方々やスタッフさんが多かったみたいですね。
 参加者の皆さん、お疲れ様でした。主催者様、ありがとうございました。生憎の天候でしたが、最初の内は割と小康状態だったのでゲーム開催。


 前回載せた車載ナイトビジョンことサーマルビジョンを投入してみました(・∀・ なんかもう突貫工事でこの暗視装置搭載したら化け物みたいな外観になってしまいましたが/(^o^)\ ホームセンターで買えるテケトーな素材を組み合わせて、20mmレールマウント可能にするマウントをやっつけで製作。リューポルドレプリカのマウントに二階建てで搭載しています。なぜ二階建てかというと、スコープがないと見えてる熱がなんなのか判別できないからです(本末転倒くせえ…)


 雨上がりの森の中というシチュエーションだと全体が冷えてしまうのか、風景が撮影困難になるみたいですね、冥界みたいな映像になってしまいました。道路とかは映るのですが…。もっと新しいやつはよく見えるみたいなんですけどね。たしかに車載用のこの手の暗視装置の映像って、車道(※暖かい)から森を見るとかそういうシチュエーションのが多いですな。森の中ってのはあんましないですね。

 という訳で試し撮りした画像ドゾー、lzhリンクにしてあるので適当に解凍してみてみて頂ければと。



 背景不明な代わり(代わりか?)に、茂みに隠れている人間などはウワサ通り迷彩の有無に関係無しに発見できるよーですね。特に頭部はかなりの遠赤外線を発するので昼でも夜でもよく目立ちます。この環境下だと白い光は生き物(=人間)以外ありえないので、「人間だけ写す装置」って感じでした。

 また、今回はゴーグル内の小型表示装置にサーマルビジョンの映像を投影していたので、遮蔽物から銃だけ出して前方の熱源探査⇒熱源に向かって射撃という

 どっかの砂ぼうずみたいな戦術ができました。まあ正直サーマルビジョンは置いておいてこっちの銃の目射撃に特化した方がよほど強力かもしれませんが…まあそれだとネタ性が薄いし、そんな方法で勝ちに走ろうとしても持ってるのはシャイタックだしもうどうしようもないです('A`)

 あと、こんな風に粗い熱映像だと敵か味方かどころか、遠くの人か近くの手なのかも時々怪しくなりますので…よくよく確認しないと誤射しまくります。(´∀`;


 途中でシャイタック重過ぎるんでマルイの新SOPMODにつけて運用してましたが、もうどこにいきたいんだという外見ですね、BB弾の弾道は見えないからどこに向かって弾飛んでるのかよくわかんないし、散々です。

 コスプレ撮影と純粋なガジェットオタクの心で買ったのであんましサバゲでガチ使用する予定もないのですが、ほんとに使うなら夜戦なんかでスターライトスコープ・CCDカメラ・サーマルビジョンにフラッシュライトを持って、監視と味方への情報伝達、熱源指示に徹した方が有効そうですね。全員無線機装備で(笑)

 という訳で今度はサーマルサイト+スターライトスコープを試してみたいと思います。その内全身センサーだらけで銃持たなくなりそうな予感がする…。最近のマルチカムの迷彩服なんかはサーマルビジョン対策が施されているという話なので、いっぺん普通のウッドランドBDUとかと見比べてみたいものですね。

 しかしまあミリコス写真の撮り甲斐がありそうですねこれは。千葉とかでお会いする方がいましたらご一緒しましょう(笑)  


Posted by EXCEL  at 13:32Comments(5)装備品