スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2009年04月18日

ソ連の暗視装置(続)


 すいません、ご無沙汰しておりました。('A`)


 触手本などを描くのに忙しくて銃火器の事をすっかり失念しておりました…ぬふう


 前回日記でNSPUが明るさに大して弱い(すぐ視界を落としてしまう)件について、バッテリーのせいじゃないでしょうか?とアドバイス頂きました。もっともな話です。

 調べてみるとNSPUのオリジナルバッテリは2.5V、1.5Ahでした。さすがに当時のオリジナルバッテリーは残ってないので、大抵動かす場合は単三電池2本で3Vくらいにして動かしているケースが多いようです。普通の単三電池っで800mAhくらいしかないようなので、ニッケル水素(2000mAh)に交換した所、多少明るさに対して強くなりました。 ありがとうございましたー(´∀`

 正確なバッテリの仕様(内部抵抗とか)分からないのでこれでオリジナルを再現できてるのかはよく分からないんですが('A`) まあ前よりは多少明るいものを見ても視界が落ちないように。勿論現行モデルのナイトビジョンから見るとかなり耐性が無いんですが…。

 さて、これで電動ガンの発光トレーサーを付けてもブラックアウトしない感じになったので、ムービー撮ってみましたよ(・∀・ 




 うおー最初のレティクルの出方をカコイイと思える人とは間違いなく友達になれるッ。何か残像がえらいことに…AKIRA的というかTRON的というか。これだけ残像出まくっちゃうっていうのは暗視装置としては勿論あまりよろしくないのですが、玩具としては超オッケーです。カッコつけて「イレイザー」のレールガンみたいだぜ!とか言いたい所ですが(※←既に例えがかっこよくない)、キモオタなので東方とかで心霊兵器として出てきそうとか思いました、本当にありがとうございました。

 意外と分解能も高くて、水面で跳弾したBB弾とかもしっかり見えていますね。

 使った銃は前回同様LTCのAKMです。スプリングは交換してますがチャンバーなどは特に手を加えてません。というか日本向けの威力低下加工料を取りつつ、スプリング交換しないと怖くて初速測れない辺りが恐ろしいれす('A`)

 電動ガンのトレーサー程度でも、視界内に多くの弾が写る状態ではかなり暗くなってしまっています。オリジナルバッテリならもっと耐性があるのかもしれませんが、実弾のトレーサー撃つ時とかは視界を失わなかったんですかねコレは。RPG-7とかは(※PRGにもマウント可能)一発のみなんでまあ着弾観測以外は問題ないんでしょうが、PKとかの機関銃で暗くなっちゃうと問題ありそうですが…謎です。専用のトレーサーがあったのかなあ。

 ちなみに暗さはハンディカムやデジカメだと撮影できないので撮ってませんが、多少暗さになれた肉眼なら歩くことに問題は無い…って程度でしょうか。走ったりするのは危ないかな、という感じです。

 前回日記でも書きましたが、NSPUは第一世代としてはかなり頑張ってるように思えます、勿論今の水準から見ると厳しいのですが、さすが一応戦闘用の照準器として運用されただけのことはあるな、と。

 ただ、明るい所と暗いところの入り混じる市街地戦のようなシチュエーションには向かない印象がありますね。明るさの変化への対応能力が低い、といったところでしょうか。

 光の増幅能力を重視する向きはあるのですが、第三世代モデルは車のヘッドライトを照らされても最低限の視界は確保し、そのまま暗い所を見ればすぐに増幅率を調整するといった辺りのすごさをこうして比べると痛感します。第四世代もオートゲート管になってその辺りの性能は更にアップしているそうですな。

 さて、先日は仕事の都合で都内に出てたので、帰りがけに秋葉原のEGHIGOYAさんに寄ってPEQ-15のドンガラを買ってきました。ミリブロを開設されている乙夜さんが店員やってらっしゃってびっくりしました。店員さんなんでしょうか?(←よく知らないのですが…)

 IRレーザーダイオード(50mW)を使って、パチモンのNV用レーザーサイトにしようかなという訳です。 いやPEQ-15とか実物欲しいっちゃ欲しいんですけどね、…買えるかっ(つД∩

 何回かダットサイトのタンデムもやってみたのですが、やはり視界が狭くなってしまうこともあってレーザーサイトの方がサイティングとしては現実的です。右目でダットを狙いつつ、左目でNVGを見る…という離れ業もあるらしいのですが、うーん、私には無理でした。  


Posted by EXCEL  at 10:42Comments(9)ナイトビジョン