スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2009年02月24日

でかいM16


 メタルスラッグのフィオ・ジェルミ。未だにNEOGEO ROMのメタスラ3は大切にしてます。4、5もありますが、やると変わり果てた姿に色々泣けてきます(つД∩グスン

 ヒストリカルゲームのバカラチオン作戦に参加してきました。みなさんお疲れ様でした。非常に楽しいひとときを楽しめました。やっぱりネタ仕込みが好きなクチだとヒストリカル要素のあるゲームの方が楽しめますなあ。しかし改めて装備系の奥深さに触れられました。もっと勉強しなければ。

(ちなみに私は真ん中のMG42銃手)
 特に今回ラストは赤軍濁流プレイを実施。双方弾を抜いた銃を持ち、赤軍の突撃に対して只管ドイツ軍が阻止火線を張る(フリをする)のです。赤軍兵士はオイシイ!と思った瞬間に死ぬのですが、赤軍全員的においしすぎたらしく、塹壕にたどり着く前に全員死にました。

(射殺したSS兵士から追剥ぎをする鬼畜な赤軍歩兵)

 …その後死体は起き上がり、塹壕戦闘も無事行えました。赤軍怖ええ。とりあえず私としては煙(※煙幕炊いた)の奥から次々と現れるロシア兵が、反動で踊るMG42の照星の向こうでバタバタと倒れ、隣では弾薬手の手で踊るベルトリンク…というシーンができたので、もう思い残すことはありません。ショウエイのMG42はBB弾撃つためにある銃じゃないですなアレは。


 さて、そんなわけでヒストリカルゲームで作成したネタ武器話です。


 M16ガンマウントです。作り手の都合でM2が2丁に減らされているのでM15ガンマウントと言うべきかもしれません(でも開発過程は2丁だったんですよ)…。元はWW2の最中に登場した対空用の動力銃座です。


(↑実物です)

 50口径のM2重機関銃を4つ搭載し、光学照準器とガンナーシートを装甲板で覆って動力化したという代物で、ハーフトラックの後部に搭載されたり、その後も銃を20mmに交換したり。自衛隊でも使ってますね。正確にはこの銃架ユニットをM45機関銃架というらしいです。


 よく"スカイクリーナー"と呼ばれてますが、これタミヤが付けた名前らしいですな。響きが綺麗で大好きです。WW2では微妙に影が薄いですが、続く朝鮮戦争では対地掃射に威力を発揮しました。中国人民志願軍の突撃に対して阻止射撃を加え、"ミートチョッパー"(挽肉製造器)と渾名が付きました。こえーこわすぎる。50口径を最大で毎分2200発射撃可能で、撃たれる歩兵からすると悪夢以外の何者でもありません。

 ちなみに朝鮮戦争投入のモデルはよく装甲板に虎の顔が描いてあるのですが、理由が「朝鮮人は虎を怖がるらしいから」とか聞きました。単なる方便っぽいですが、50口径が4つも積まれた動力銃座の時点でどう考えても虎より怖い気がしますが…メリケンさんの考える事は時々よくわかりません。
 さて、これは現用ヒストリカルゲームイベント、ボスニア内戦ゲームで使用しました。

・時代と土地からして大いにありうること
・恋はインパクト
・おいしいやられ方が出来そう

 という条件に加えて、形が単純だしいけるっしょと思った訳です(またそれか)。参加時は私は大学生で、基本的にアホの子だったので、特に何も考えずに勝手に春休みで無人になった部室錬の廊下を占拠して作っていました。ごめんね、社会不適合者でごめんね('A`)


 基本構造は事務用の回転椅子を装甲化し、


やっつけ製作のM2を二基積んだ感じです。ゲーム中はゾックなどと呼ばれていました('A`)緑色に塗りすぎた…。

 M2の中には電動MP5を左右に内臓していました。要するにMP5の外装カスタムという事になります。

 一応ガナーの顔部分にある装甲板は実物同様前面に倒せるようにはなっていましたが、照準器は無し。当日はダミーバレル内部でMP5の弾が乱反射し、近くの英軍の頭を撃ち抜くなどのトラブル(トラブルで済ましていいのか)がありましたが、まあそこそこ稼動しました。

 実は私はクロアチア勢力でこの銃座を運用するつもりだったのですが、巨大過ぎてクロアチア陣地まで運べないという致命的欠点が明らかになり、急遽国連側参加になった悲しい過去があります。


 ボスニア内戦の細かい話は是非皆さんにも調べてもらいたいところですが、セルビア勢力からするとこの装甲に覆われた国連軍のバカというのはかなり狙い甲斐のあるターゲットとなり、「装甲板の隙間を狙撃して銃手を排除する」というシチュエーションが出来るために一人スナイパー通りと化しました。

 どうみても「エネミー・ライン」のジャージマンな人に何回も何回も射殺されたりなど、かなり楽しいゲームを楽しめた次第です。私は撃つ側だったのでわかんなかったのですが、相対する側からすると、こういう銃座がスルスルと回転して自分に照準を合わせてくるというのはかなりイカしたシチュエーションだったとの事。うーむ私もそれ経験したかったです。

 お勤めを果たした後は、無事にマシェットで粉砕されて粗大ごみと化しました。だって明らかに保管できないし…。未だに作ったネタ銃の中では最大かもしれません。「動けない」というのもある意味画期的でした。(そんな画期的はいらん)

 ボスニア戦で他にやった装備だとM163対空自走砲 

 などですが、どちらにせよロクな結果になりませんでした\(^o^)/オワタ  


Posted by EXCEL  at 22:00Comments(5)トイガン

2009年02月21日

ゲパードM1


 夏コミ申込みました。またリリカルなのはジャンルだよ!あーもう月49800円くらいで延々とヴィータとちゅっちゅしてる幻想に取り囲まれるVRをイスラエル辺りで実用化してくれないかなあ…。

 趣味柄、鉄砲や戦車の絵などもたくさん描いてますが、「魔法少女と魔法の杖」とかも銃器類と同じくらい奥深いものはあります。ただ銃や装備はハンドガードの放熱孔の数が違うとか、パンター戦車のOVMが戦線の時代に合ってないとか、武装SSの野戦服と国防軍の野戦服の違いとか、泣ける資料考証で人生オワタになりかけますが、そういった点では資料性とか気にしなくていいので素敵ですね。(さすがに髪型とか変えちゃうとまずいですけど)

 リリカルなのはといえば、あの魔法少女勢力とSEALsの人たちが殴りあうというお話をちょっと前に描きました。後編描いてなくて現在進行形で急かされてるのですが、SEALs側の装備でえらい悩んだ覚えがあります。「海底に沈んだ超でかい宇宙船に乗り込んでCQBやる人の服」ってなんでしょうね(^q^

 日記漁ってたらちょい懐かしい写真など出てきたので更新デス。


 以前後楽園遊園地でヘルシングの傭兵コスプレを集めるという話になって作った、ゲパードM1対物ライフルです。コスプレ用なのでBB弾の発射昨日などはありませんが、まあ構造が単純なのですぐ組み込めそうですね。トンプソンコンテンダーとか即入れられそうです。ちなみに「ああ!ファントムオブインフェルのの…」というとインフェル辺りまで発言した時点で尻子玉を抜かれるともっぱらの噂です\(^o^)/

 私はコスプレ事情にはあまり詳しくないのですが、当時ヘルシングは大人気で黄色いヒトラーユーゲンドなど独創的な(…としか言い様がない…わかってくれキバヤシィィ!)衣装が印象的でした。ユン&ヤン兄弟に壊滅させられた後の傭兵部隊をやろう!という話になった訳です。


 装備類はちゃんと写真が残ってなくてアレなんですが、
・英軍パンツ
・どっかのODジャケット
・腰周りに英軍P58
・ブーニーハットにスマイリーマーク

 …などで組み立てました。内戦イベントなんかもそうですが、装備組み立てる時に「なんでこうなったか」のストーリーを考えるのが一番楽しいですなあ(´ワ`

 が、銃が問題です。AKも芸がないし、西側の銃は今ひとつ。L85は使わないだろうし(大体その時はLSかアリイのキットを探す他手は無かった)、東側で誰がみても尖ってると思えるもの…


 (↑実銃)という訳で私が考えたのがゲパードM1のフルスクラッチでした。形単純だし、いけるでしょと思った訳です。


 ゲパードM1・アンチマテリアルライフルはハンガリー製の銃です。使用弾薬は12.7*108の他に12.7*99など複数の弾薬にコンバート可能だった模様。現在ではM6まで作られています。

 M1ライフルはグリップごとボルトアッセンブリーをレシーバーから取り外して、直接弾を取り付けてチェンバーに装填する仕組みで、単発式でした。M2以降自動装填化やボルトアクションなどが出ているようですが、このM1方式は後には引き継がれていません。精度の上ではメリットがあるように思えますが、

・運用上の要求が変わった
・単発のデメリットを押しやるほど精度上のメリットが出なかった

 あたりなのかなあと思ってます。

M6なんかはプロモビデオがアップされてるんですね。
http://www.youtube.com/watch?v=DkDxUy7F0Ig
おそろしー('A`) ムービーを見るとロングリコイル・オペレートの銃らしい特徴的な動き方をしていてかっこよすですなあ。


 さて、フルスクラッチでは殆ど全部塩ビ管などで作られているので、強度はゲロカスです。この手のものをフルスクラッチする人は強度的な無理がよく分かっているのでそーっと扱うのですが、レイヤー系の方は案の定グリップをへし折りました(笑)。グリップはグラインダーで木から削り出したので、強度的な無理がボルト側にいってしまったという訳です。


 ゲパードはマイナーメジャーみたいな存在なのでちょっとしたガンマニアなら皆知っているという感じですが、当たり前ですがヘルシングコスプレの人はそうでは無いので、単にでっかいてっぽうと言う感じでした。泣けます(つД∩


 たまたまこの公式イベントに重なった日程で後楽園に来ていた運の悪い家族連れが、「ママーでっかいてっぽー持った人がいるー!」と叫んでました。ごめんね、社会不適合者でごめんね('A`)  写真の顔とか、この年齢ながらにこの嫌悪感はなかなか出せるもんじゃないです。ディモールト・グーとしかいいようがない・・・。

 ちなみに実際に作るために調べてみると、M1はトライポットで本体を支える(グリップの前にあるのが三本目の脚です)部分の長さをネジ式で調整して仰俯角の微調整を取る事ができることなど、狙撃銃としてかなり本気を狙ってたところが見受けられます。M6でも命中精度を売りにしてるようなプロモのワンシーンがあるので、なかなか素晴らしい精度をもってるのかもしれませんね。興味深いライフルです。当時大口径レンズのスコープもってなかったのが悔やまれます。

 また、この銃はその後とあるビジュアル系バンドのプロモ用に引き取られていったのですが、それはまた別のお話という事で。もったいないっつー人も結構居ましたが、軽機関銃クラスでも部屋手一杯なのに対物ライフルサイズは完全な嫌がらせのレベルです('A`) おけねえええ!  


Posted by EXCEL  at 15:52Comments(10)装備品

2009年02月15日

M14EBR



 みりたりーぶろぐは現用趣味の方が多いみたいなんで、私は油断するとWW2系の話だらけになりそうなんで現用装備の話も入れていきます(笑)

 M14EBRです。現在整備中。


 最近はコンプリートでも安価なものがたくさん出てるそうで、単なるEBRだとあまりブログのタネにはならなさそうな按配になってきましたね。写真のこれはハドソン製のガスオペレートモデルガンM14を組んであります。ストックはG&P製。スコープもG&Pのリューポルドレプリカを取り付けています。


 セレクターもやはりセミオートオンリーにしたいところですよねー、ここらへんのパーツでハドソンのモデルガンにつけられるヤツてあるんでしょうか…。
 マルイの電動M14はかなり正確に外形寸法が作られているようで、G&Pストックにハドソンのモデルガンも割とすんなり組込可能です。ダメもとだったので正直驚きでした。ただ、レシーバー固定の方法に欠けるので、前後位置をしっかり固定する仕組みと、ハンマーメカニズムの位置決めをできるようなスペーサーを組んでやらないといまいち作動不良を起こすようですね。

 他にはエキストラクターがケースの装填時に圧力に負けてボルト上面に向けて外れかけてしまうという問題点もあって、頭を抱えてしまったのですがもう色々めんどくさくなっていたので

 エキストラクターに直接ネジ切ってワッシャーぶちこんでやりました('A`) 外れようがなくなった

 一度ゲームに投入して、やはり色々不具合があったので調整中という訳ですが、

 このエジェクションポート周りの光景だけでご飯食べれるっていう人は結構多いのではないかと思います。私もそのクチです。特にEBRとかの今風ライフルの形した物に、初弾装填とかの動作はぐっとくるものがあります。

 マガジンは電動と比較すると、リアルサイズなので(当たり前だ!)長いです。


 ゲームでの最大の欠点はまずBB弾が出ない(致命的)という事ですが、これはマルイの電動SMGの余計なトコをとっぱらってサイレンサー型にするくらいしか無いですね。ハドソンM14はバレルがスチールの削り出しムク材だし、ハンドガード部はガスのメカが詰ってるしでどうしようもありません。

 第二に燃費が。モデルガンのリコイルスプリングをフルストロークで圧縮するという悪夢のようなシチュエーションなので仕方ないですが、どうみてもグリーンガスの大ボンベで100発保ちません、本当にありがとうございました。
 私の場合ですとジャムしてガスカットが上手く行かないシチュエーションなんかがあって、50発くらいでボンベ交換してました。一本800円のボンベを50発で使い切るというのは大した地球温暖化野郎ですが、ガス代だけで1発13円とは泣ける(;∀;)イイハナシダナー 薬莢も含めると一発50円近くなるので、1マグ=1000円という方程式が成立します。あれ、これリアカンマグより高いんじゃ…ゴクリ。

 大体推奨気圧が6気圧というのも恐ろしいですね。普通に買える可変レギュでは出せない気圧を指定してくるとは…。

 薬莢も大量ゲットです。(※ハドソンのM14は実物薬莢にプラスチック製のリングをつける改造したカートを使用します)

 .308の薬莢を300発以上…ゴクリ
というのもミニガンもライブカート(…というか、単なる薬莢撒きマシーン追加)がしたくて、暇を見つけて買い溜めてます。これ全部NATOクロス(※○に+の印。NATO弾に刻印されてます)入りの93年ロットだったんで、元の木ストに戻してBHDごっこにも使えますかね…まあわざわざ薬莢のリム見る変質者もそうそういないでしょうけども。

 最近はEBRストックも安価な(というかコピーの)品が出てきているのでやりやすいかと思われますが、まず注意すべきはハドソンのM14は正に大人向けのモデルガンで、酒の肴にメカに見入る…とか、アメリカ軍の.308ゴリ押しに萌えるとか、お前らつい最近までM14なんて見向きもしなかったじゃんとか(おっと…口が悪さを)、そういう楽しみを提供してくれる嗜好品で、とりあえずベルクロは萌えパッチを貼る土台と勘違いし、ESIを絵師のことかと思うようなダメ人間がサバイバルゲームのフィールドで爆笑しながら百発単位で発射することは考慮してません。やると色んなところが色々痛むので(心と財布含む)用法用量を守って正しくお使い下さいませ。

 調整が終わってしっかり作動したらムービー撮影しますー(´ワ`  


Posted by EXCEL  at 18:00Comments(4)トイガン

2009年02月11日

痛ストック

 今日は何故か仕事でした(;∀;正に社会の負け犬。悔しいのであんまり日を置かずに日記描きます(※たんなる現実逃避)



 ミリブロを初めて検索ワードをひっかけると
・縞 ぱんつ ぱんつぁー
・EXCELどくそせん
まあこの辺りは一直線だからいいとして

 「痛銃」とかが結構多いのですね。くそう私もやろうかなあ…とバカネタ暖め中です(´ワ` 

ともあれ今回は自分の痛銃系も晒そうと思います。


 痛ストックです。

 えーさすがに実物ではないのですが、楽勝で絶版のフジミ製モーゼルM712用ホルスターストックをコミケなどに持っていって、ちまちまとサインを頂いたという代物です。私はカッペの引っ込み人間なので、知り合いか、知り合いのコミケ挨拶周りに金魚の糞みたいについてって「キャッ…あの高貴なお方の直筆サインをこのモーゼルのホルスターストックに描いてたもれ…(マッキーを持ってブルブルと震えながら)」などと痛い事を言ってなんとかしてもらったか、どっちかです('A`)




順不同で申し訳ないですが

・チャーリーにしなか先生
・えびふらい先生
・中島零先生
・ねりわさび先生
・颯田直斗先生
・江上夏樹先生
・速水螺旋人先生
・硯先生
・卍勇先生
・せれす先生
・RAITA先生
・松乃かねる先生
・野上武志先生
・来鈍先生
 
 の14名の方に描いて頂きました。その節は不躾なお願いを聞いて頂きありがとうございました!こんな描きにくいブツに…。ちなみにほとんど全員ミリタリかガンかメカの方ばかりです。中には意外に思われるような方もいらっしゃるかもしれませんが、ガチでマニアックな人多くて…絵を描きながら一体どこでそんな鬼マニア紀行を繰り広げているんだろうと思わずにはいられません。

 なんだか時々絵を描く方は基本的にミリタリー趣味者としてはミーハーor浅い、みたいな色眼鏡を常時装備している方もいて悲しくなりますが、基本的に絵描きさん(特にそれで飯を食っている人)はネバーランドに生きているので、一般常識ではとても推し量れないくらいの夢追い人度合いです。(しかし一方ですごい現実主義だったりするのが凄いとこですが)私個人の見立ててでは、一般人の血を輸血したら死にます。凝固して。

 確かに限られた時間を絵の練習等に費やしてるという事もあるので、全員が全員、全方向にディープになるのはなかなか難しいってのもあるそうですが、それでも本当に絵描きさんミリタリーマニャーの方には常々驚かされます。可愛い絵とのギャップで不思議な気分になりますね。

 しかしホルスターストックはもういい加減描く場所がなくなってしまったので次どうしようかなあと思ってます('A`)  スチェッキンのホルスターとかもいいんですが、ベークライトのアレって元々色が暗いからマジックで絵を描いても見えづらそうです。あと流石に貴重すぎというのもありますし;うーんどこかでStg44のストックとか、平らで広い面積のを探そうかな。「コミケに持ち込める」っていう制約とか考えるとなかなか厳しいのでありんす。

 そういえばS&Gさんからアンクルブールレプリカにシャツ、手袋が届きました(´ワ` 武装親衛隊装備発掘続行です;

 以前オーストラリアで買ったモーゼルKar98kの銃剣の鞘(右下)、えらいぼっこぼこで気になってたんですが、当時の兵隊さんの手記とか見ると、テントで野営したりすると鞘の先端の丸くなってる所でペグをひっぱたくもんだからすぐこんな風に平らになっちゃうそうですね。すごい呪われてそうナリィ(^q^)  


Posted by EXCEL  at 22:29Comments(4)装備品

2009年02月09日

MG42

よく考えるとMG42の絵を描いた事がなくて涙目


ヨーコの絵でも入れてお茶を濁しておきます(濁せてない)

 2月のバカラチオン作戦に参加すべくMG42をちょっとだけ整備してます。というのもそうしないと普通の気圧で動いてくれないので('A`;

 スト魔女を挙げるまでもなく色んなアニメに出てきますね。映画の登場も大変多いです。私も大好きな一丁でして、EXCELというとM134をグルグル回してる人というイメージがあるみたいですが、部屋に置いている分にはMG42の方が好きかもしれません。基本ドイツの人なので('A`) MG42ネタはまた詳しく書かせて頂ければとッ。

 これは電動ユニット組込のものではなくて、ガスブローバックモデルの方です。電動のサイクルも魅力的なのですが、やっぱりボルトが動く、ベルトリンクが揺れるというのも捨てがたいところで…両方買えばいいんでしょうけどね!ともあれ、先日のBHでMGポーチもちょうど買っておいたのでよかったです。

 確かに発射サイクルがM60みたいなのは残念ではあるんですが、まずMG42をガスブロで出してくれたという時点で私のようなチャラ坊は土下座で謝礼といった所です。ラフェッティすんごい欲しいんですが…('A`)

 実はWW2モノのヒストリカルゲームは初参加だったりするのでどきどきします。勉強ちゃんとしていかないと付いていけんかもしれん…。

 真摯に撃ち合いを追求するサバイバルゲームも面白いんですが、私とかは基本脳が残念な人で戦争ごっこの延長戦として捉えるので、やっぱりヒストリカル系へ傾倒しがちです。最近は現用の服を着ているのでアレですが、WW2系の装備だと銃よりも水筒、スコップ、雑のうを優先して装備とかよくある話ですなあ。


 弾薬箱なんかも。一見ウホッ、いい8mmモーゼル弾帯入れ!つー感じですが


 実はMG13のマガジンがびっしりです。こんなものを箱買い/(^o^)\ まずMG13自体が結構マイナーな機関銃ですが、ドイツの末期戦好きにはMG15と共に(国民突撃隊的な意味で)グっとくる軽機関銃ではなかろうかと思う次第。実は1号戦車の砲塔とか、Sd.kfz231/232とかにこっそりついてたりもします。36年に登場したMG34とかいう後輩ちゃんがあまりにも美人だったので、このような醜女(しこめ)は南米とか中国へ!と追いやられていますが、私の持っているこの大量のマガジンは全てヴァッフェンアムト入りで1938年の刻印が打ってあります。うーん見えないですが('A`)

 まあそうそう単純にスパっと切ったりするもんでもないので、なんだかんだでずーっと二線級火器として残っていました。

 しかし奥のはマガジンリップ拭いたんですが、手前のとかありえないグリスですね。エロゲの主人公もここまでどろどろにしないだろうというレベルです。ちなみにこのマガジンは7.92mmMAUZER弾の25発装填で、前回紹介したブレンガンの.303BREN、30発マガジンとかに比べると若干小ぶりです。

 勿論今のM14用マガジンやG3のマガジンに比較すると大きいですが。全体的に加工はMG13マガジンの方が綺麗で、スマートな印象。うーんこれMG13スクラッチすれば国民突撃隊コスプレできるなあ。

 閑話休題。

 自分では使いませんが、デグチャレフ軽機関銃の文鎮も持っていこうと思います。こっちはBB弾も出ないんで、撮影用ですかね。デグチャレフはまた別の日記で詳しくネタにしようかと思いますー。DPはマガジンのでかさがブレンとかMG13とかが裸足で逃げ出すクラスです。


\スゲエ/
  Ω

 7.62×54Rを47発とか、このマガジン自体が鈍器になりそうですね。フル装填のコイツをフリスビーみたいに投げられて首に命中したら変な川とか見えそうです。マガジンリップっちゅーかそのまま7.62mm弾の薬莢がリベットで留められている辺りにソ連の侠気を感じます。

 ちなみに私の持っている最大級のマガジンはラティ20mm対戦車ライフルのマガジンです。当時の高射機関砲用の20mm砲弾10発装填です。

 空のマガジンで3kg(M16A1と同程度!)とか狂気の沙汰のような弾倉ですが、これ持ってT26とかに歯向かわされたスオムスいらん子中隊(違)の人たちはよく気が狂わなかったなあとか思います。人手がなかったんで少年兵とかで運用してたそうですからね(つД∩コエー ちなみにリムを外したミニモスカートがそのまま装填できます('A`) アホです。写真に見える黄色いのは残弾確認用の窓ですが、これってよく考えると射手側からは見えない位置についてるんですよね。当然ですが最初からマガジン担当が見るための物という訳です。このクラスの銃は最初から個人運用を考えていなくて、文字通り砲としての使用が前提ですね。これもいつか詳しくレポート書きたいですなあ。


 あ、MG13のマガジンいっこ足りない件ですか?

 レイジングハートのマガジンにしてオンリー即売会のプレゼントにしちゃったんで…('A`) 来鈍さんのサイン入りでした。今考えるとなんて豪華で意味不明。  


Posted by EXCEL  at 22:05Comments(6)トイガン

2009年02月06日

ペリ犬は無故障機関銃の夢を見るか

 後輩の同人誌資料用からブレンガンが戻ってきました。

 …これはペリ犬ですが。

 無可動実銃です。というかトイガン化されそうにありません。最近だとアレですね。ストパンのペリ犬とかが作中で…ペリ犬はかわいいなあもう!(錯乱)

 それで一躍有名に…いや有名ではないかもしれませんが。私も例によってパンツ(じゃない)につられて買ったと思われがちですが、私はむしろジオブリーダーズ2巻のアンミラ制服でプラウラと戦う梅崎さんのブレンガンにやられてしまったクチです。どっちにしろダメオタクですが!ブラックラグーンでもL4A4モデルを使っていましたね。

 後輩の方はZB26の無可動実銃を持っていて、比較用に貸し出していました。ブレンガンはチェコのZB26ベースで開発された軽機関銃で、自分の軍隊を褒めちぎる英国に言わせると「WW2最優秀の機関銃(分隊支援火器だったかな?)」とまで言ってます。さすがにそれは言いすぎだと思いますが、元のZB26は日本軍でも「チェコ製の無故障機関銃」として重宝がられており、優秀な火器の系統だったんだなあと思わせます。


 私のは1940年製のMk1です。ブレンガンMk1は、有名なダンケルクの戦いでイギリス軍の撤退によりかなりの数が失われてしまいました。で、それが丁度1940年の5~6月の事でして、ブレンガンのMk1はダンケルクで多数失われてしまった…といわれています。その辺りからすると、色々世間の荒波をくぐってそうな1939年以前の刻印のブレンガンMk1が欲しい所ですね。残念です。とはいえ、この手の無可動実銃は(特に安いのは)海外でぐっちゃぐちゃに組まれて輸入されたりしてるので、レシーバー単体の刻印に拘り過ぎてもあんまり意味は無いかもしれません。

 現用のてっぽーも好きなのですが、この時代の鉄砲も味があって大好きです。特にWW2初期のは作り手の設計思想と効率化のせめぎ合いみたいのが見て取れて素敵ですね。鉄の質感も存在感があってかっこいいです。

 で、ダンケルク以降兵器体系が大変なことになってしまって、有名なステンガンなどが誕生します。ブレンガンも手間隙かかる部分を省力化してMk2が生まれ、空挺用軽量モデル(今で言えばミニミのパラトルーパーモデルみたいな感じでしょうか?)のMk3などが出現します。

 これで言えば、たとえばリアサイトなんかはZB26からメカニズムを引継いだ、やたらと凝ったドラム式可動ピープサイトですが、

 こういう部分はBARみたいな感じのリアサイトに改められています。イギリス人もさすがにこれはやりすぎと気付いたのでしょう。

 マガジン装填部は

 カバーが閉められるようになってます。

 ここはZB26なんかも同じなんですが、このプレス加工のパーツは結構ブツによって違うようで、中国製のZB26なんかはカバーのプレス加工の凹凸がかなりあっさりした感じになっていました。購入時にはご注意をば。私のブレンガンはキャリングハンドルがZB26みたいなストレート形状なんですが、よく知られているタイプはこういう家具っぽい形になってます。

取り替えようと思って買ったら専用工具ないとキャリングハンドル外せないっぽくて\(^o^)/オワタ

 キャリハンといえば、意外と知られていないのですが、ZB26もブレンガンも、横に倒して本体の溝とかみ合わせる事で

 フォアグリップにすることが出来ます。とはいえ立射はかなり厳しいような気がしますが…。

 また、ブレンガンといえばこのバイポットですが

 所謂ヴェルサタイプというかパーカーホールというか、あの辺りのバイポットにそっくり…というかほぼ同じ構造をしています。私は現用の鉄砲事情には疎いのでこの辺りの開発事情はお恥ずかしながら分からないのですが、設計の元になっていることは間違いなさそうですね。現行モデルのバイポッドが、1920年代の軽機関銃から脈々と繋がってるというのも興味深い所です。

 エゲレスはおそろしい事に.308NATO仕様にしたブレンL4A4などは湾岸戦争でも使ってたりしてたそうです。中身は旧軍のおいちゃんが無故障機関銃ありがたや、として使ってたZB26とほとんど違いは無いのですが、すごいですイギリス。

 ところで、スト魔女といえば、3月に行われるストライクウィッチーズオンリーイベント「戦場の乙女たち ~パンツだけじゃないもん!~」のイベント用イラストを描かせて頂きました。いやあすばらしいイベント名です。そうだそうだ!パンツだけじゃなくてブレンとかMG42もあるぞ!スト魔女関連は考えてると頭痛が止まらないのでアスピリンが手放せませんね。全くたいした股間作品じゃぜ…。

 スト魔女同人ネタでは冬コミで放蕩オペラハウスのワダツミさん、松田未来さんの「飛翔直撃魔女列伝-雷の章-」にもゲストで描かせて頂きました。

ニルス・カタヤイネンのネタとかも描いて、当然ピカキバリ(フィンランド版デグチャレフ軽機関銃)の無可動も買ってる訳ですが! …そっちの話はまた別の更新で書きます('A`)   


Posted by EXCEL  at 20:10Comments(8)無可動実銃

2009年02月03日

どくそせん4版

イカロス出版様から出して頂いているどくそせんですが、第四版を出して頂けるそうです。皆様ありがとうございます。


 正直なところ「まだ売れてたのか」という感じですが、あくしず編集部のキャラがきちがいみたいに立っているので使い捨てにするには勿体無い、という事でちょろちょろあくしず本紙側にも出させて頂いていたのがよかったみたいですね。ほんとに皆さんに助けられております。

 しかし今みるともうこの絵見たくないというくらい恥ずかしい限りですが、いやー大学院の頃描いてたのを思い出しますね。研究室に居ると編集部から電話がかかってきて、

「だからこんな話載せたら回収処分だよ!!!」

 という台詞を日本語のわからない外人のふりをして切り抜ける的な感じでした。漫画がアレすぎるという話ですが、元はもっと尖がってたんですよ。

 ちなみに3版から実はカバー裏がちょろっと変わってたりします。機会がありましたらカバーめくってみて下さいませ。ともあれ皆さん応援頂きほんとうにありがとうございます! なんかどくそせん絡みは続き描け、って話もありがたい事に時々頂きます(つД∩ 戦後モノとか?

 さて、最近の買い物。といっても去年です。組み立てが遅いグズでなかなか組めませんでした(つД∩) というか年末は同人誌描くのに忙しくてなかなかナイロン的なものをいじってる暇がありませんでした…。

 実物のCIRASボディアーマーを買いましたー、ここ最近とても人気の装備です。EAGLEという会社が作ってます。写真をよく見ると分かるのですがいきなりワイヤーの通し方を間違えていて、この後組み直すハメになりました('A`)  しかしまあ安くは買えたのですが、やっぱし高いですね。服としてはユニクロ以下なのに…。そういえば画像のCOMTAC2も、がんがって実物買ったらすぐ後にとても出来のいいレプリカが出て泣けました…。ちゅうかCOMTAC1のレプリカつくってくらはい('A`) あっちの方がむしろ欲しいです。

 
 最近のレプリカのできはとてもいいので、正直横に置いて見比べないと私なんかじゃなかなかわかんないかもしれません。上の写真のモジュラーアサルトパックなんかはレプリカも持ってるのですが、ほんとよく出来てるなーと思います。


 PRC148ダミー(さすがにこっちはレプリカ)とむにょーんアンテナも買ってきて、うそんこですがポーチにつけておきます。Icomの4008w内臓したいトコですね。

 プレートキャリアはポケットに色々入れられるので

基地でのお供にゲームソフトを入れたり、


プレイメイトの写真集を入れたり、


おっぱいマウスパッドを入れたりする事ができますね。(猟奇的)


 そういえば先週末はかなりハードスケジュールで遊びまわっていたのですが、土曜日に全日本BLK選手権の打ち上げに参加してきました。お呼び頂きありがとうございましたー。今回床井雅美先生がいらしていて、色々お話を聞かせて頂きました。床井先生はその筋では冗談抜きで神様以上の存在なのですが、非常に気さくに話して頂いて勉強になりました。伺った大戦末期~戦後のロシア製小火器に関する話は、飲み屋話でなければほんとに「どくそせん」の改定で盛り込みたいくらい刺激的でした。やっぱりドイツの小火器の血を一番色濃く受け継いでるのはロシアですねえ。

 解散後はそのまま移動して、日曜の0時から千葉のインドアフィールドU-boxで行われたサバイバルゲームにお誘い頂きました。今回野上武志先生も新迷彩系装備でそろえたそうで、気合入ってました。ここで初めて上記CIRASとかを着てみたのですが、

 完全にナリがアーマーに負けてます('A`) 着こなし学ばねば。実は事前に多少フィールドの地形を聞いていて、月齢情報も調査済みで、この暗さで外を一部開放したらナイトビジョンで天下を取れる!と思っていたのですが、直前まで少し雨が降っていてぬかるんでいたので外は閉鎖という…('A`) 月齢よりまず天候調べんと…。

 ちなみにここで東京マルイの新M4にNACスリングをつけようと(※結局アダプタが無い訳ですが)、まずはストックレンチを買ってきました(`・ω・´)

\「ミチミチィィィ」/

/ヒギイイラメエエエ壊れうるウウウ(M4A1)\

 思わず海原雄山になって「誰だ誰だ!このストックリングを作ったのは誰だああ!というかリアルサイズって俺に吹き込んだのはどこの妖精さん?」と女将を怒鳴りつける所でした…('A`)  という訳で実銃用のストックレンチだと噛み合わないんですね。  


Posted by EXCEL  at 21:01Comments(4)書籍